新潟県妙高市  建築工事 リフォーム 新築 

雪国の家づくり、石曽根工務店です。

TEL 0255-72-3049

〒944-0020 新潟県妙高市工団町5番1号

美味しい物(和食)

茶房まめ家

昨日の日曜日は夫と小布施町へ行って来ました。

夫が知り合いの方二人から豆腐料理がすごく美味しいと「まめ家」を薦められたからです。

娘も独身の頃友人4人で行ったことがあり、美味しかったと言っていたので

早速夫がお昼に予約を入れてくれました。

茶房まめ家 〒381-0201長野県小布施町雁田821-10(浄光寺隣)

大豆を余すことなく全部使ってうまみを逃さず、甘みもたっぷりのお豆富

(豆腐でなく、豆富と書くのだそうです。粋です)のフルコースをいただきました。

2018021823

2018021802

2018021803 2018021804

20180218052018021806

夫は1600円のコース、私は同じく1600円ですが、冬季限定(?)の

豆腐ハンバーグのコースにしました。メニューにはありません。

20180218072018021808

2018021809

大豆丸ごと湯豆腐です。本わさびがついていました。

好みで塩をつけていただきます。

2018021810 2018021811 2018021812

豆腐サラダです。ドレッシングも手作りです。豆腐のから揚げも美味しかったです。

2018021813

夫のセットについていた料理です。

白和えはクルミ入りでした。

2018021814 2018021815

私のセットについていた料理です。春巻きは梅肉、ハム(多分)、大葉、海苔が一緒に

巻かれていました。

2018021816

夫の豆腐ステーキはソースを和風のポン酢にしました。

2018021817

私の豆腐ハンバーグです。

2018021818

豆乳パンがサービスでつきました。

ふわっふわで美味しかったです。

2018021819

主食は五平餅になめこ汁、大根等の漬物でした。

2018021820

デザートは豆乳入りお汁粉でした。

ほんのり甘くて上品な味でした。

2019021802

こちらのお店は器も素敵なんです。

2018021821

最後はコーヒーでした。ここのコーヒーがまた美味しかった。

2018021822

お腹一杯になり、夫も私も大満足。

お客は年配の方が多いかと思いきや、なんのなんの。

若いカップルや小さな子供連れの家族もいて、お昼は一杯でした。

すごく美味しかったので、また行きたいと思っています。

その後隣の浄光寺を参拝しました。

浄光寺は国の重要文化財にしていされている薬師堂(室町初期1408年建立)があり、

2008年で建立満六百年を迎えたそうです。

 

その後の行き先は後日アップしたいと思います。(長くなるので)

 

 

 

今回のインフルエンザ

タミフルと頓服薬のおかげで、39度の高熱はおととい1日で下がりましたが、

2才9ヶ月の双子と8ヶ月の孫たち3人には絶対にうつせないし、

娘に倒れられたらそれこそ大変なので、隔離生活を続けています。

長男は県内勤務なのと、甥っ子たちが可愛くて帰省する可能性が高いのですが、

次男は名古屋にいて盆暮れしか帰ってこないので、しばらく菌が充満してもOKなので、

私のねぐらになっています。

孫たちの元気な声と足音を聞きながら、その有難みを感じています。

顔を見たいな、抱っこしたいなと思いますが、ガマン、ガマン。

孫たちには、「ババ、アイタタ、ネンネ」ということになっています。

そして寂しいのか、長男が急に

「ジイチャン、バアチャン!」と外へ出ようとしたそうです。

孫たちは父方の祖父母を「ジイチャン、バアチャン」と呼び、

母方の祖父母を「ジジ、ババ」と呼び分けています。

以前にも娘が出かけていた時に同じ行動がありました。

ごめんね、もうちょっと時間をちょうだい。

昼に娘が届けてくれた食事です。持つべきものは娘です(笑)。

黒っぽい水に浮いているのは椎茸の煮物で、私が作った物の余りです。

私しか食べないだろうと温めてくれました(笑)。

さすがに卵豆腐は食べられなかったですが、(残しても後で食べられますし)

食欲はだいぶ戻りました。

2日間で2キロもやせましたが、こういった減量は具合が良くなるとすぐに元通りです。

2019020701

今回診ていただいた医院の看護師さんが言っておられました。

「予防接種は大事なんだけど、それによって症状が軽くてインフルエンザと気づかず、

ただの風邪だと思って普通に生活してしまっている保菌者が多い。

だからこんなに蔓延する」

のだそうです。確かに・・・

私みたいに夜中に悪寒がして熱を測ったら39.2度!これは絶対インフルエンザを疑います。

普通の風邪でこんなに高熱はまず出ませんから。

タミフルで早々症状が軽くなるのも善し悪しかもしれません。

仕事が忙しければ、出勤してしまいますから。

皆さんもお気を付けくださいね。

 

 

ハンバーグ

昨日は節分でしたが、恵方巻は一昨日食べたので(購入したものと手作りの両方)

昨日はハンバーグにしました。

いつ以来でしょうか、久しぶりのハンバーグです。

付け合わせは定番の人参のグラッセ、フライドポテト、

ゆでほうれん草です。

ソースの味がちょっこ濃いめになってしまったので、

ほうれん草とフライドポテトは味をつけずにハンバーグソースをつけて食べました。

大人はもちろん、孫たちもハンバーグは大好きです。

2019020401

大根とカニ蒲鉾のサラダは孫たちは食べないので、ワサビをたっぷり入れて、

ポン酢で和えました。

2019020402

美味しかったです。

 

 

ふろふき大根

先週NHK今日の料理で大原千鶴さんが作られていた酢みそとごまだれが

とても美味しそうだったのと、色々な料理にアレンジできるところが

便利だと思い、両方作りました。

酢みその材料は白みそと砂糖と酢だけ、ただ混ぜるだけなのにこれが美味しいんです。

酢みそが苦手な娘でも

「この酢みそ美味しい!」

と言っていましたから。

ごまだれの練りごまが無かったので、白ごまをすり鉢ですりました。

あとは醤油、砂糖、酢、水だけなのにこれも美味しいんです。

とりあえずふろふき大根をごく薄味で作り、両方かけてみました。

このあと里芋だけを同じく薄味で煮て、酢みそをかけたり、

ごまだれを使ってほうれん草のごま和えを作りました。

どれも美味しかったです。

2019012801

NHKきょうの料理での大原千鶴さんの料理レシピ

 

 

すごいごちそう

夫の知り合いの方からいただいた紅ズワイ蟹と鯛です。

昨夜蟹はオーブンで焼いて食べました。

身が詰まっていてとても美味しかったです。

2019012601

鯛は塩焼きにして食べました。

これもすごく美味しかったです。

2019012602

それにしても家で蟹と鯛を食べるなんて、何年ぶりでしょうか。

ご馳走様でした。

 

 

 

きんぴらごぼう

2019012201

きんぴらごぼうが大好きですが、ささがきが面倒くさい、千切りはもっと面倒です。

しかし、そんな手間をかけなくても美味しくできることがわかりました。

色々な料理のコツを教えてくれる「青ちゃんの解決キッチン」シリーズで見つけました。

歯ごたえを楽しむために太くていいんだそうです。

そして強火のまま焦げる寸前まで煮詰めることがコツです。

このサイトのもう一つ良いところは醤油何cc、みりん何cc、ではなく、

1:1:2と比率で教えてくれるところです。

その方が作る人にとって断然助かると思います。

きんぴらごぼうの常識を覆す簡単絶品レシピ~青ちゃんの解決きっちん#25

(音がでます。お気を付けください)

 

このきんぴらごぼうは美味しいです。おすすめです。

今回は豚肉もちょこっと入れました。

 

 

燕温泉ホテル花文

先日あいあう食堂のスタッフで燕温泉の入口にあるホテル、花文さんへ

日帰りで行って来ました。

花文の公式HP

スタッフの1人が花文さんで働いていることもあり、

いつも協力していただいています。

(このスタッフのM子さんがよく働くし、気がつくし、穏やかで優しくて人気者です)

今年度は私事で色々あって、スタッフとしての手伝いは休ませてもらっているのですが、

誘ってもらって嬉しかったです。

天気予報が1日雨だったので畑仕事が出来ないし、何と言っても

大好きな蕎麦を食べられる、燕温泉のお湯に入れる、もう二つ返事でした。

大人10名、子ども7名でバスの送迎付きです。

 

燕温泉につくと硫黄の匂いが立ち込めていて、それだけで嬉しくなります。

花文さんは10割蕎麦と自家製ジェラート、そして源泉かけ流し湯と足湯が有名です。

食事は期待どおりでした。

十割蕎麦の美味しかったこと・・・

2018112001

天ぷらにこごめ(こごみ)があって、どうやって保存しているのか聞いたら、

かなり強めの塩漬けだそうです。

柿の天ぷらも美味しかったです。

2018112002

松茸の土瓶蒸しを頂きました。

これもついて入浴込みで2,000円なんてありがたい!

2018112003

箸休めはたぶんやぶたけ(ならたけ)だと思います。

これも塩漬けにしてあったのでしょうか。それとも瓶詰?

2018112004

デザートはとうもろこしのジェラートにミニトマトと玉ねぎ、どれも優しい味で美味しかったです。

2018112005

 

 

 

鶏唐揚げ・鶏皮ポン酢

先日夕飯に作った鶏のから揚げです。

1回目の揚げ終了後の写真です。

2018111401

2度揚げ完了写真です。

1度目よりカラッとしているのがわかります。

今回はもも肉を使いました。

カロリーは上がりますが、から揚げはもも肉の方が美味しいです。

2018111402

皮は剥いでカリカリに焼き、わさび菜と玉ねぎと一緒にポン酢で和えました。

これがまた家族に好評でした。

2018111403

 

 

のっぺが美味しい季節

畑で収穫した里芋を消費するために作ったのっぺです。

新潟県の郷土料理のっぺ(もしくはのっぺいと呼ぶところもあり)の作り方は色々ありますが、

ここ上越地方は片栗粉でとろみをつけるのが一般的です。

今回は椎茸、こんにゃく、ぎんなんが無く、ちょっと寂しいのっぺでした。

そして多分孫たちが里芋を食べないだろうと、じゃがいもも入れました。

(結局里芋も食べましたが)

久しぶりののっぺ、家族に好評でした。

2018110202

でもって、もっと好評だったのが牡蠣のガーリック炒めです。

オリーブオイルとおろしにんにく、塩コショウと、これまた畑で収穫したパセリを散らしました。

今年はパセリが大豊作でした。

そんなに使い道が無いのですが。

干して粉にしてみようかな。

大根菜も干して粉にして、同じく粉にした干し海老や煮干しと混ぜると

自家製ふりかけが出来るそうです。

作ってみようかしら・・・

2018110201

 

 

 

魚住かまぼこ

昨日12日に高田法人会女性部の企業視察で、

上越市の魚住かまぼこへ行って来ました。

以下は「上越タウンジャーナル」の記事から抜粋しました。

(2014年3月24日 の記事です)

一般財団法人上越市環境衛生公社(新潟県上越市春日新田5、上石秀一理事長)は2014年3月24日、直江津で唯一のかまぼこ店となった「魚住かまぼこ店」(同市春日新田5、魚住利雄社長)を買収し、4月1日から100%出資の子会社とすると発表した。同公社の新規事業開拓の一環で、後継者がいない同店ののれんを守る地域貢献としても位置付けている。

同公社はし尿処理や浄化槽清掃など従来の業務が減少傾向にある中、異業種進出に力を入れており、近年では天然温泉の宅配やミネラルウオーター販売などを手がけ、ここ数年は食の分野での新事業の研究を続けてきた。

魚住かまぼこ店は1969年の創業。直江津を代表するかまぼこ店で、製品は贈答品としても人気がある。魚住社長は86歳と高齢で後継者もなく、2年前に公社が話を持ち掛け、このほどまとまった。

2018091301

見学者にまずは説明とDVD視聴があり、お土産までいただきました。

2018091302

昔ながらの石臼でじっくりと練り上げて、一晩、中温の坐り部屋で坐らせて(熟成させて)作っているのがこだわりです。

めで鯛も昆布巻も全て職人さんが一つ一つ手作りで驚きました。

2018091303 2018091304

見学者16名がそれぞれ沢山買っていきました。

2018091305

私も沢山購入しました。

その中で孫たちへのお土産です。

ですが、うちの孫たちは練り物が元々好きでないので、食べませんでした。

2018091306

私はかまぼこが好きで、特に何も入らない定番が好きなので、まずはわさび醤油で、

そしてきゅうりとポン酢で和えて食べました。

2018091307

さすがにこちこちしていて美味しかったです。

着色料も天然の物しか使っていないそうです。

2018091308

美味しかったです。

ごちそうさまでした。