新潟県妙高市  建築工事 リフォーム 新築 

雪国の家づくり、石曽根工務店です。

TEL 0255-72-3049

〒944-0020 新潟県妙高市工団町5番1号

美味しい物(和食)

燕温泉ホテル花文

先日あいあう食堂のスタッフで燕温泉の入口にあるホテル、花文さんへ

日帰りで行って来ました。

花文の公式HP

スタッフの1人が花文さんで働いていることもあり、

いつも協力していただいています。

(このスタッフのM子さんがよく働くし、気がつくし、穏やかで優しくて人気者です)

今年度は私事で色々あって、スタッフとしての手伝いは休ませてもらっているのですが、

誘ってもらって嬉しかったです。

天気予報が1日雨だったので畑仕事が出来ないし、何と言っても

大好きな蕎麦を食べられる、燕温泉のお湯に入れる、もう二つ返事でした。

大人10名、子ども7名でバスの送迎付きです。

 

燕温泉につくと硫黄の匂いが立ち込めていて、それだけで嬉しくなります。

花文さんは10割蕎麦と自家製ジェラート、そして源泉かけ流し湯と足湯が有名です。

食事は期待どおりでした。

十割蕎麦の美味しかったこと・・・

2018112001

天ぷらにこごめ(こごみ)があって、どうやって保存しているのか聞いたら、

かなり強めの塩漬けだそうです。

柿の天ぷらも美味しかったです。

2018112002

松茸の土瓶蒸しを頂きました。

これもついて入浴込みで2,000円なんてありがたい!

2018112003

箸休めはたぶんやぶたけ(ならたけ)だと思います。

これも塩漬けにしてあったのでしょうか。それとも瓶詰?

2018112004

デザートはとうもろこしのジェラートにミニトマトと玉ねぎ、どれも優しい味で美味しかったです。

2018112005

 

 

 

鶏唐揚げ・鶏皮ポン酢

先日夕飯に作った鶏のから揚げです。

1回目の揚げ終了後の写真です。

2018111401

2度揚げ完了写真です。

1度目よりカラッとしているのがわかります。

今回はもも肉を使いました。

カロリーは上がりますが、から揚げはもも肉の方が美味しいです。

2018111402

皮は剥いでカリカリに焼き、わさび菜と玉ねぎと一緒にポン酢で和えました。

これがまた家族に好評でした。

2018111403

 

 

のっぺが美味しい季節

畑で収穫した里芋を消費するために作ったのっぺです。

新潟県の郷土料理のっぺ(もしくはのっぺいと呼ぶところもあり)の作り方は色々ありますが、

ここ上越地方は片栗粉でとろみをつけるのが一般的です。

今回は椎茸、こんにゃく、ぎんなんが無く、ちょっと寂しいのっぺでした。

そして多分孫たちが里芋を食べないだろうと、じゃがいもも入れました。

(結局里芋も食べましたが)

久しぶりののっぺ、家族に好評でした。

2018110202

でもって、もっと好評だったのが牡蠣のガーリック炒めです。

オリーブオイルとおろしにんにく、塩コショウと、これまた畑で収穫したパセリを散らしました。

今年はパセリが大豊作でした。

そんなに使い道が無いのですが。

干して粉にしてみようかな。

大根菜も干して粉にして、同じく粉にした干し海老や煮干しと混ぜると

自家製ふりかけが出来るそうです。

作ってみようかしら・・・

2018110201

 

 

 

魚住かまぼこ

昨日12日に高田法人会女性部の企業視察で、

上越市の魚住かまぼこへ行って来ました。

以下は「上越タウンジャーナル」の記事から抜粋しました。

(2014年3月24日 の記事です)

一般財団法人上越市環境衛生公社(新潟県上越市春日新田5、上石秀一理事長)は2014年3月24日、直江津で唯一のかまぼこ店となった「魚住かまぼこ店」(同市春日新田5、魚住利雄社長)を買収し、4月1日から100%出資の子会社とすると発表した。同公社の新規事業開拓の一環で、後継者がいない同店ののれんを守る地域貢献としても位置付けている。

同公社はし尿処理や浄化槽清掃など従来の業務が減少傾向にある中、異業種進出に力を入れており、近年では天然温泉の宅配やミネラルウオーター販売などを手がけ、ここ数年は食の分野での新事業の研究を続けてきた。

魚住かまぼこ店は1969年の創業。直江津を代表するかまぼこ店で、製品は贈答品としても人気がある。魚住社長は86歳と高齢で後継者もなく、2年前に公社が話を持ち掛け、このほどまとまった。

2018091301

見学者にまずは説明とDVD視聴があり、お土産までいただきました。

2018091302

昔ながらの石臼でじっくりと練り上げて、一晩、中温の坐り部屋で坐らせて(熟成させて)作っているのがこだわりです。

めで鯛も昆布巻も全て職人さんが一つ一つ手作りで驚きました。

2018091303 2018091304

見学者16名がそれぞれ沢山買っていきました。

2018091305

私も沢山購入しました。

その中で孫たちへのお土産です。

ですが、うちの孫たちは練り物が元々好きでないので、食べませんでした。

2018091306

私はかまぼこが好きで、特に何も入らない定番が好きなので、まずはわさび醤油で、

そしてきゅうりとポン酢で和えて食べました。

2018091307

さすがにこちこちしていて美味しかったです。

着色料も天然の物しか使っていないそうです。

2018091308

美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

海鮮丼

昨日一昨日はずーっと雨降りで、畑仕事をしようと意気込んでいたのに

全く出来ませんでした。

長男が転勤先への引っ越しが終わり、必要なものを取りに帰省したり、

娘たちが反対に出かけていったり、気ぜわしい週末でした。

土曜日にはなぜか海鮮丼が食べたくなり、刺身を買って来て、

寿司飯を作り、畑から青じそを摘んで作りました。

サーモン、まぐろ、まぐろのすき身、ふくらげ、しめ鯖が乗っています。

海苔を忘れたので、上から乗せました。

美味しかったです。

2018091002

昨日はビーフシチューとガーリックトーストを作りました。

写真は撮り忘れました。

 

ポークチャップ

若い人と暮らしていると、初めて見る、初めて食べるメニューが時々あります。

昨日の夕飯がそうでした。

メインは写真上部の「ポークチャップ」。

「え?ポークケチャップ?」と聞きなおした私。

豚肉を焼いたものに、ケチャップとドミグラスソースやウスターソースで作ったソースをかける、

もしくは絡めた物らしいです。

もやし、わかめ、きゅうり、ツナの酢の物も娘作です。

どっちも美味しかったです。

2018051101

キャベツ、しめじ、長ネギ、栃尾の油揚げの煮びたしだけ私作です。

昨日は野菜たっぷりの幸せな食事でした。

 

 

わらびの塩昆布和え

2018050901

最近毎日山菜を食べられて幸せを感じています。

写真はわらびの塩昆布和えです。

昨日ご近所さんから姫竹の子(根曲がり竹)をいただいたので、

竹の子汁を仕掛けてきました。

夕飯が楽しみです。

 

 

美味しかった

一昨日あいあう食堂のスタッフ懇親会で行った「すし芳」。

うわさ通りに何を食べても美味しかったです。

お通しはこごめとしろきくらげのゼリー寄せ、とても綺麗でした。

2018050404

お刺身です。3人で1皿、しかも遠慮せずに取られるように、1人前ずつ盛り付けられていました。

2018050403

マグロのカマです。

みんなで取り分けていただきました。

2018050405

この他にも茶碗蒸しや寿司等色々ありました。

メンバーから聞いた話では、800円のランチが評判で、いつも混んでいるそうです。

この日も宴会や家族連れで賑わっていました。

午後9時開始の先生方の宴会もありました。

寿司は安い回転寿司が主流となっていますが、こうやってきちんとした寿司屋でいただく

料理は違います。

美味しかった。ご馳走様でした。

今度はランチに行きたいです。