新潟県妙高市  建築工事 リフォーム 新築 

雪国の家づくり、石曽根工務店です。

TEL 0255-72-3049

〒944-0020 新潟県妙高市工団町5番1号

03月

たら汁

先週末は久しぶりに長男が来て、手巻き寿司を作ったり、キャベツメンチカツを作ったり

しましたが、バタバタしていて写真は撮り忘れました。(ぜんまい入り雑煮も)

唯一撮ったのがたら汁です。

たら1尾を切り身で売っていたので、酒粕、生姜、ごぼう、大根と一緒に味噌汁にしました。

2019032601

これは我が家では私しか食べないのです。

まず酒粕がみんな苦手です。美味しいのにね。

七味唐辛子をたっぷり振って、独り占めして食べました。

13年前の今日他界した父も好物でした。

餃子を作ると「お!今日は餃子か!」と大喜びしていた姿も思い出します。

私も大好物です。

2019032602

 

 

 

イチロー引退

今朝のニュースの「イチロー引退」はショックでした。

45歳まで現役を続けてこられたことが奇跡なのですが、

彼の場合は50歳までやれそうな気がしていました。

普段プロ野球はほとんど見ないのですが、イチローと言えば2009年の第2回WBC

決勝戦延長10回表、韓国相手にセンター前に勝ち越しタイムリーを放った場面が

忘れられません。

それまでの試合ではかなり不調だったイチローが、綺麗なセンター返しを打ってくれました。

「バッティングの基本はセンター返し」と言われますが、打撃のお手本と言ってもいいくらい

綺麗なセンター返しでした。

2019032201

長い間お疲れ様でした。

多分ゆっくり休むなどという生活はされないと思いますが、弓子夫人と旅行などはいかがでしょうか。

余計なお世話ですね(笑)。

 

 

 

 

なわて通りでミニチュア

先日行った長野県松本市の「なわて通り商店街」の紹介文です。

 

なわて通りは、松本城から歩いて5分、松本駅から歩いて10分のところにあり、個性的なお店が長屋風に軒を並べる商店街です。女鳥羽川の土手から始まった通りで、「縄のように長い土手」から「縄手」と呼ばれるようになりました。

松本城から歩いて近いこと、商店街内が歩行者天国であることなどから、松本を訪れる観光客の皆様に楽しんでもらっています。
昔はお祭りの露天のようだったお店も、2001年に現在のような長屋風の店舗に生まれ変わり、昔ながらの金物屋さんや花屋さんから、オシャレな雑貨屋さんまで色々なお店が元気よく営業しています。

 

2019031801

2019031803

2019031902

Tさんに教えていただいた「大島布袋物・パッチワーク トミー」で

大好きなミニチュアを購入しました。

かまどを買った人に薪(袋無し)をサービスしてくれるのだそうです。

2019031905

かまどに釜、アルミのやかん、薪、野菜たち。

2019032101

ミシン、椅子、アイロン、ソーイングセット、ほう&ちりとり。

ミニチュア好きにはたまらないお店でした。

また行きたいです。

2019032102

この他に「日用陶器の店 穂高クラフト」で夫のコーヒーカップ(孫が割ってしまったので)、

山椒の木でできた小さいすりこ木などを買ってきました。

コーヒーカップはとても素敵で、私のも買って来ればよかった。(写真はありません)

その後四柱神社(よはしらじんじゃ)を参拝しました。

ここは天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神の四つの神様が祀られており、

商売繁盛、学業成就、家内安全、健康寿命の全てを叶えてくれるとされています。

2019031903

おまけ

姨捨SAで買った箸置きです。だんご三兄弟です。

この他に燕三条産のピーラー(皮むき)も買いました。

使っていたのが、どこかへいってしまったので。

さすがに切れ味?剥け具合は抜群です。(写真はありません)

2019031904

 

 

 

 

 

地味弁

最近はあまりお弁当を作らなくなっていましたが、今日は午前中

直江津で打合せがあり、昼までに戻って来られるかわからなかったので、

夫に弁当を作りました。

2019032001

全て手作り(ミニトマト以外)という点だけしか褒めるところのない、いたって地味な弁当です。

三食丼は鶏そぼろ、ふきのとう味噌、炒り卵です。

はりはり漬けは干した大根、人参、昆布、するめです。

するめを炒ることで、生臭さが無くなります。

きんぴらごぼうは私の好物なので、しょっちゅう作ります。

地味なので、下に敷いた手ぬぐいだけ派手にしました(笑)。

 

 

妻のトリセツ

20190318032019031804

2019031802

畠山健二著「本所おけら長屋11、12巻」まで読み終え、

その後知念 実希人著「優しい死神の飼い方」も読み終えたので(どちらも満足)、

次は何を読もうか考えていたところに、

いつもの新聞下部の広告欄で見つけた「妻のトリセツ」。

2019031801

これはもう世の中の夫族みんなに読んでもらいたいと思う1冊です。

女性も読むべきだとも思います。

「そうそう、まさしくその通り!」

という納得する内容ですし、自分でもなんでこんなに夫に腹が立つのかわからない

という女性特有の感情を脳科学から解いてくださっているので、なるほどと

うなずくことばかりです。

子育て真っ最中の夫婦に是非お勧めします。

夫にも読んでもらいたいけど、本読まないし、ダメかな?

 

 

 

松本市へ

会社に飾ってあった豆雛をほめてくださった社長夫人、Tさんに

ミニチュアが好きなことを話したら薦めてくださったお店に行ってきました。

松本市の東側にある縄手通りにあるのですが、その件は後日にしたいと思います。

その前に別の会社のI社長夫妻に薦めていただいたイタリアンのお店を

紹介したいと思います。

その前に途中の姨捨SAでトイレ休憩。

2019031701

ここで長野名物おやきを買いました。

夫はスタンダードな「ピリ辛野沢菜」、私は大好きな「ふきのとうみそ」が季節限定で

あったので、迷わず購入しました。

すべて1個220円(税込み)でした。

「玉ねぎ」というのもあり、珍しいので迷いましたが、今しか食べられないふきのとうにしました。

2019031702

ふきのとうの中身です。ほろ苦くて美味しかったです。

皮もとても美味しかった。

2019031703

さて、お目当てのイタリアン「おりべ」は静かな住宅地の中にあり、ちょっとわかりにくい場所でした。

住所:〒390-0813 長野県松本市埋橋2-10-4 電話:0263-35-5937

予約をしていかなかったので、30分以上待ちましたが、仕方ありません。

2019031704

2019031705

2019031706

イタリアンにしては値段が良心的なところも人気の理由のようです。

2019031707

2019031708

夫も私もパスタランチ1350円にしましたが、観察すると2人で来店しているご夫婦、友人は

1人がパスタランチ、1人がピザランチを頼んでシェアしているパターンがほとんどでした。

大食漢の私たちは、ランチセットの他にピザも頼みましたが、結局全部食べられずに一部を

持ち帰りました。それができると聞いたので、頼んだのですが・・・

前菜とスープです。サラダのドレッシングがすばらしく美味しかったです。

2019031710

パスタは夫も私も「フレッシュトマトとモッツァレラチーズのパスタ」にしました。

2019031711

セットの他にハーフ&ハーフで頼んだピザは「マルゲリータ」と「ふき味噌とゴルゴンゾーラチーズ」

にしました。石窯で焼き上げるピザは絶品でした。

2019031712

デザートも美味しそうでしたが、今回は飲み物だけのセットにしました。

とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

嬉しい名刺

昨日高田法人会の会議があり、来賓の方々と名刺交換をした際に

去年赴任された高田税務署長から改めて名刺を頂きました。

改めて下さった理由は、「税に関する標語」(表)と「絵はがきコンクール」(裏)

の税務署長賞受賞作品を載せたからなのだそうです。

2019031403

2019031401

この名刺を作ろうと思う署長のお気持ちが嬉しいですね。

 

 

 

 

名刺入れを新調

ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイトCreema(クリーマ)で

今まで財布やコサージュなど色々購入して来ましたが、今回名刺入れを1,980円で

購入しました。

天然の花を押し花にした作品で、すごく綺麗です。

女らしさとか綺麗とかが皆無な人間なので、せめて持ち物だけでも綺麗に女らしく(笑)。

2019031201

 

 

 

千代の光酒造のお酒2種

妙高市には酒蔵が3社あります。

君の井酒造㈱鮎正宗酒造㈱千代の光酒造㈱

それぞれ皆さん頑張っていて、いいお酒を次々に作られています。

今回はその中で千代の光酒造のお酒を紹介します。

大事にとっておいた頂き物の純米大吟醸を先日開けました。

究極の酒米「越淡麗」を35%まで磨き、長期低温醗酵で醸した純米大吟醸です。

これは美味しかったです。

さずがに上品な味で、小さな猪口でじっくりといただかないと

罰が当たる(笑)感じでした。

2019030801

そして昨日購入した「ピルエット」の説明です。

 

「千代の光 ピルエット」は、新潟県上越地区の有志酒販店グループ「酒らぼ」から、

妙高市の千代の光酒造さまに協力を依頼する形で製造、販売いたします。

新潟県産の酒造好適米「越淡麗」を使い醸した純米大吟醸の新酒を、遠心分離装置で上槽。

すぐに瓶詰めして壱度火入れしてもらっています。

青りんごを連想させる優雅な香り、シルキーな舌触りとなめらかな喉越し、

心地よい飲みごたえ。千代の光酒造の”まちがいない”確かな品質と、

回転の力による上槽が絶妙にマッチしています。

2019030802

500ml2,300円と値段は高めですが、手間がかかっているので当然です。

さあ、これはいつ封を開けましょうか。

とても楽しみです。

このお酒はどこでも買えるというわけにはいかないのです。

私は妹夫婦が経営している㈲松井酒舗で購入しました。

飲んでみたい方、その他の地酒を試したい方はHPをご覧ください。

2019030803

 

 

ちらし寿司

3月3日の桃の節句は夕飯にちらし寿司、豚汁、天ぷらにしました。

変な組み合わせですが、うしお汁にすると若い世代が物足りなくなるからです。

豚汁の写真は撮り忘れました。

2019030501

大好きなふきのとうを頂いたので、天ぷらは急きょ追加しました。

2019030502

美味しかったです。

そして今日は水曜日。

小出雲のかねこやが海鮮丼をワンコインで出してくれる日なので、

久しぶりに買いました。

2019030601

と言っても夫はあまり好きではないので、隣の味っ子弁当でかき揚げ弁当にしました。

この海鮮丼はさすが魚屋さんの作品、税込み500円とは思えない美味しさです。

ご馳走様でした。