新潟県妙高市  建築工事 リフォーム 新築 

雪国の家づくり、石曽根工務店です。

TEL 0255-72-3049

〒944-0020 新潟県妙高市工団町5番1号

ブログ

刑事コロンボ50周年記念

昨日は残っていた会社の大掃除を済ませ、帰宅してテレビをつけたらなぜかチャンネルはNHKBSでした。

多分孫たちがリモコンをいじっていったのでしょう。

画面には懐かしい刑事コロンボの姿が映っていました。

なんで?と思いながら見入ってしまいました。

昨夜は訳あって私一人だったので、だれにも邪魔されずに最後まで(18時終了)見ることができました。

放送されていたのは小学校の頃でしたでしょうか。

推理小説が好きな私は、このアメリカの番組が大好きでした。

「なんで刑事コロンボが今?」と思い、調べたらこれでした。

「刑事コロンボ放送開始50周年記念、あなたが選ぶ!思い出のコロンボベスト20」

という題で、投票結果を20位から順に放送していたのです。

私が見たのは13位で、「秒読みの殺人」でした。

2019010601

2019010602

【刑事コロンボとは】

1968年にアメリカで放送されるや話題となり、日本でも大ヒットした『刑事コロンボ』。

よれよれのコートに葉巻、そして「うちのカミさんがね」というおなじみの名セリフ。

ミステリーファンならずとも、これだけで誰もがコロンボを思い浮かべるのではないだろうか。

今も刑事ドラマの名作として、洋の東西を問わず世界中で愛されている傑作シリーズ。

全部で69作ありました。

NHK刑事コロンボ放送開始50周年記念HP

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年はなかなかブログを更新できず、反省しております。

今年は頑張って更新しようと思いながら、すでに3日になってしまいました。

どうか今年もよろしくお願いいたします。

2019010301

今日妹夫婦が経営する酒店に飾ってあった酒林(さかばやし)です。

杉玉(すぎたま)とも呼びます。

その名の通りスギの葉(穂先)を集めてボール状にしたものです。

日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを

知らせる役割を果たしているそうです。

吊るされたばかりの杉玉はまだ杉の葉の青々しさが残っていますが、

やがて枯れて茶色がかってきます。

この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を伝えるらしいです。

他にもスギの葉は酒の腐敗をなおすからスギの葉をつるすという説もあるそうです。

杉の玉を酒蔵が吊るす意味は全く知らなかっので、勉強になりました。

 

 

 

 

2018年もあと1日

会社はすでに年末休暇ですが、私の仕事が消化できていなくて、出勤しています。

今年は色々ありました。

60年近く生きてきた中で、これほどまでに次から次へと事件(?)が

起きた年はなかったと思います。

私的なことなので詳しくは書けなのですが、おかげでブログの更新も

滞ってしまいました。

「楽しみにみてますよ」と言っていただいている方々には

本当に申し訳ないと思っています。

食べ歩きにもなかなか行けず、孫たちとお騒ぎしている食事は

写真を撮ることをすっかり忘れてしまい、と言い訳をさせてください。

今年は事務所の大掃除もまだガラス葺きしか終わってないのです。

いいや、年明けに持ち越そう!(笑)

おせちは黒豆を煮て、はりはり漬けを作り、数の子の塩出しと干しぜんまいを

戻すところまで終わりました。

明日は豊岡肉店へ注文した肉を取りに行って、ローストビーフやチャーシューを

作る予定です。

でも大掃除は終わってません。

これも持ち越し?

何はともあれ、生きて新年を迎えられることを良しとしましょう。

健康の大切さをつくづく感じた年でもありました。

皆様もよいお年をお迎えください。

拙いブログを1年間ご覧いただき、感謝いたします。

ojigi

年末調整説明会

今日はこれから妙高市のふれあい会館で年末調整説明会があります。

今年は配偶者控除、配偶者特別控除の変更があるので、良く聞いて帰ります。

2018112101

 

燕温泉ホテル花文

先日あいあう食堂のスタッフで燕温泉の入口にあるホテル、花文さんへ

日帰りで行って来ました。

花文の公式HP

スタッフの1人が花文さんで働いていることもあり、

いつも協力していただいています。

(このスタッフのM子さんがよく働くし、気がつくし、穏やかで優しくて人気者です)

今年度は私事で色々あって、スタッフとしての手伝いは休ませてもらっているのですが、

誘ってもらって嬉しかったです。

天気予報が1日雨だったので畑仕事が出来ないし、何と言っても

大好きな蕎麦を食べられる、燕温泉のお湯に入れる、もう二つ返事でした。

大人10名、子ども7名でバスの送迎付きです。

 

燕温泉につくと硫黄の匂いが立ち込めていて、それだけで嬉しくなります。

花文さんは10割蕎麦と自家製ジェラート、そして源泉かけ流し湯と足湯が有名です。

食事は期待どおりでした。

十割蕎麦の美味しかったこと・・・

2018112001

天ぷらにこごめ(こごみ)があって、どうやって保存しているのか聞いたら、

かなり強めの塩漬けだそうです。

柿の天ぷらも美味しかったです。

2018112002

松茸の土瓶蒸しを頂きました。

これもついて入浴込みで2,000円なんてありがたい!

2018112003

箸休めはたぶんやぶたけ(ならたけ)だと思います。

これも塩漬けにしてあったのでしょうか。それとも瓶詰?

2018112004

デザートはとうもろこしのジェラートにミニトマトと玉ねぎ、どれも優しい味で美味しかったです。

2018112005

 

 

 

鶏唐揚げ・鶏皮ポン酢

先日夕飯に作った鶏のから揚げです。

1回目の揚げ終了後の写真です。

2018111401

2度揚げ完了写真です。

1度目よりカラッとしているのがわかります。

今回はもも肉を使いました。

カロリーは上がりますが、から揚げはもも肉の方が美味しいです。

2018111402

皮は剥いでカリカリに焼き、わさび菜と玉ねぎと一緒にポン酢で和えました。

これがまた家族に好評でした。

2018111403

 

 

のっぺが美味しい季節

畑で収穫した里芋を消費するために作ったのっぺです。

新潟県の郷土料理のっぺ(もしくはのっぺいと呼ぶところもあり)の作り方は色々ありますが、

ここ上越地方は片栗粉でとろみをつけるのが一般的です。

今回は椎茸、こんにゃく、ぎんなんが無く、ちょっと寂しいのっぺでした。

そして多分孫たちが里芋を食べないだろうと、じゃがいもも入れました。

(結局里芋も食べましたが)

久しぶりののっぺ、家族に好評でした。

2018110202

でもって、もっと好評だったのが牡蠣のガーリック炒めです。

オリーブオイルとおろしにんにく、塩コショウと、これまた畑で収穫したパセリを散らしました。

今年はパセリが大豊作でした。

そんなに使い道が無いのですが。

干して粉にしてみようかな。

大根菜も干して粉にして、同じく粉にした干し海老や煮干しと混ぜると

自家製ふりかけが出来るそうです。

作ってみようかしら・・・

2018110201

 

 

 

おたやでの出来事

毎年11月1日から開催される「おたや」に3日の昼休みに行って来ました。

「おたや」は東本願寺新井別院の報恩講と親鸞聖人・恵信尼公を偲ぶお祭りで、

上越地方最大の仏事と言われている由緒ある祭事です。

昔から「おたや」は1年で1番楽しみなお祭りでした。

3日は天気が良かったので、すごい人の数でした。

写真はちょうど昼で、人波がとぎれたところです。

2018110601

土曜日で祭日でしたが、娘婿が友人の結婚パーティーに出席するため一緒に

行けなかったのが残念でした。

夫、娘、孫3人と賑やかに参列。

2歳の双子は食べる食べる・・・サンドイッチ(ねおかんぱーにゅ南部の村越さん作)、

鶏から揚げ、じゃがバタ、チョコバナナ等。

最後に夫が買ったクレープを口に入れていた長男が次男にぶつかって転び、大泣き。

口にしていた生クリームが歩道についてしまったのを二男が舐めるという

面白い連係プレイ?でした。

大いに笑いました。