新潟県妙高市  建築工事 リフォーム 新築 

雪国の家づくり、石曽根工務店です。

TEL 0255-72-3049

〒944-0020 新潟県妙高市工団町5番1号

妻のトリセツ

20190318032019031804

2019031802

畠山健二著「本所おけら長屋11、12巻」まで読み終え、

その後知念 実希人著「優しい死神の飼い方」も読み終えたので(どちらも満足)、

次は何を読もうか考えていたところに、

いつもの新聞下部の広告欄で見つけた「妻のトリセツ」。

2019031801

これはもう世の中の夫族みんなに読んでもらいたいと思う1冊です。

女性も読むべきだとも思います。

「そうそう、まさしくその通り!」

という納得する内容ですし、自分でもなんでこんなに夫に腹が立つのかわからない

という女性特有の感情を脳科学から解いてくださっているので、なるほどと

うなずくことばかりです。

子育て真っ最中の夫婦に是非お勧めします。

夫にも読んでもらいたいけど、本読まないし、ダメかな?

 

 

 

本所おけら長屋

本所おけら長屋は5巻まで読み終わりました。

こんなに面白い時代小説は初めて読みました。

まるで落語を聞いているかのようです。

面白いけど、泣かせてもくれます。

この小説を読むと、人は人と繋がって生きているのだということを再認識させてくれて、

心が温かくなれます。

このシリーズは12巻まで出ているので、どんどん読み進めます。

2019022201

【内容】

お江戸は本所亀沢町にある貧乏長屋。万造、松吉の「万松」コンビを筆頭に、

左官の八五郎・お里夫婦や後家女のお染、 浪人の島田鉄斎ら個性的な面々が住んでいる。

人情とお節介で下町界隈でも名高い「おけら長屋」では、今日も笑いと涙 の“珍”騒動が巻き起こって……。

【5巻の内容】

今日も騒ぎが絶えない本所おけら長屋――。
だるま長屋との度胸勝負で本物の幽霊が……。

お染が考えた半襟が売り出されて大当たり!?

吉原に通い詰める藩士の子細を知った藩主・高宗の決断とは。

久蔵が見た富くじの夢は現実となるのか!?

金貸しのお熊ばあさんが過去と訣別するために選んだ手段とは……。

笑いと涙が同居する、大反響の連作時代小説シリーズ第五弾。

 

 

本所おけら長屋

大人買いしてしまいました。

いつものクセで、新聞広告に面白そうな本が紹介されていると、すぐに欲しくなります。

本のタイトルを忘れないように、スマホで撮影もしてしまいます。

2019021501

2019021502

2019021503

2019021504

2月は土日が完全に休みなのと、雪があって外仕事が出来ない(雪国ですから、当然ですが)

のとでゆっくり読むことが出来ます。

すごく楽しみです。

 

 

SBMがロッテ新井リゾートで

今日従業員から聞いた情報です。

東野圭吾氏が発起人の素人限定スノーボードの大会が、地元の

ロッテ新井リゾートで開催されるそうです。

スノーボードはしませんが、大好きな東野圭吾氏が来られるのなら、

見に行きたいと思いました。

2019年4月5日(金)~7日(日)に開催されます。

賞金は優勝者男性には200万円、女性は100万円です。

SBM(スノーボードマスターズ)とは?

作家「東野圭吾」が発起人となったコンテスト開催決定!!
優勝賞金日本No.1

作家である東野圭吾氏は1シーズンに最低でも30回以上はすべりに行くほどのスノーボード好き。
そんな東野氏が発起人となった、まったく新しいコンテストが今シーズン開催される。
その名もSNOWBOARD MASTERS(スノーボードマスターズ)だ。
ジャンプやフリーランなど、それだけを競うコンテストは今までもあったが、
「SNOWBOARD MASTERS」はトータル的なスノーボードテクニックが問われるコンテスト。
気になる種目はふたつ。「バンクドスラローム」。と「フリーライディング&ストレートジャンプ」。
それぞれの種目をポイントに換算して、合計ポイントで順位を決めることになる。
東野氏が発起人というだけでも驚きだが、その優勝賞金額も驚きの日本最高額が用意されている。
これは出場するしかない!!

SNOWBOARD MASTERSの公式サイト

ロッテアライリゾートのHP

46811670_1931808916932558_4168090810231988862_n

そういえば東野圭吾氏の作品には、雪山が舞台の作品が恰好な数がありますね。

白銀ジャック、疾風ロンド、カッコウの卵は誰のもの、ある閉ざされた雪の山荘で

は読みました。

 

 

昨年末から新年にかけて読んだ本です。読んだ順に並べました。

昨年はなかなか本を読む時間がなかったので、活字に飢えているのだと思います。

手あたり次第読んだ感があります。

2019012206アイネクライネナハトムジーク(伊坂幸太郎)

最後に登場人物の相関図を書いてしまいました。

短編集のようで、それぞれがつながりがあり、伊坂幸太郎らしい作品だと思いました。

内容(「BOOK」データベースより)

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。

20190122072019012208虚貌(雫井脩介)

最後はまさかの展開でした。上巻を読むと早く下巻を読みたくなる内容です。

内容(「BOOK」データベースより)

二十一年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。間もなく、解雇されていた従業員三人が逮捕され、事件はそれで終わったかに見えたが…。恐るべきリーダビリティーを備え、ミステリー小説界を大いに賑わせた、怪作にして傑作。待望の文庫化。

2019012202リアル鬼ごっこ(山田悠介)

私にはなんだこれ?という内容でした。

内容(「BOOK」データベースより)

全国500万の「佐藤」姓を皆殺しにせよ!―西暦3000年、国王はある日突然、7日間にわたる大量虐殺を決行した。生き残りを誓う大学生・佐藤翼の眼前で殺されていく父や友。陸上選手の翼は、幼い頃に生き別れた妹を探し出すため死の競走路を疾走する。奇抜な発想とスピーディな展開が若い世代を熱狂させた大ベストセラーの改訂版。

 

2019012204ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾)

これも最後にどんでん返しです。

内容紹介

早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した男女7名。これから舞台稽古が始まる。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇だ。だが、1人また1人と現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの間に疑惑が生まれた。はたしてこれは本当に芝居なのか?驚愕の終幕が読者を待っている!

2019012203犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)

東野圭吾の短編集です。

サクサクと読むことができます。

内容(「BOOK」データベースより)

親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる…。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描いた表題作。人間心理のドラマと、ミステリーの醍醐味を味わう傑作七編。

2019012201架空通貨(池井戸潤)

池井戸潤らしい作品だと思います。

ビジネスで対価を得られるのは、相手の幸せを実現するから。
ビジネスの原則を無視した金は、必ずその指からすり抜けていく。

肝に銘じます。

内容(「BOOK」データベースより)

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した―。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、二人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。江戸川乱歩賞受賞第一作『M1』を改題。

2019012205一切なりゆき~樹木希林のことば~(樹木希林)

書籍や雑誌から、樹木希林さんのことばをピックアップしてまとめた本です。

なんでこんな風に生きることができたのか、不思議です。

私には到底真似のできない生き方ではありますが、こう生きたい、こう死にたい

というお手本ができたような気がします。

この表紙の写真の希林さん、奇麗ですね。

内容(「BOOK」データベースより)

「求めすぎない。欲なんてきりなくあるんですから」心に沁みる希林流生き方のエッセンス!

 

 

 

 

 

買ってしまった

金融機関に置いてある雑誌はそれぞれ違いますが、第四銀行の新井支店には

レタスクラブ、北越銀行新井支店にはオレンジページが置いてあります。

レタスクラブの後ろの方にいくつかの連載漫画があるのですが、

その中に「離婚してもいいですか? 翔子の場合」

という衝撃的な題名の漫画がありました。

最初は「何この漫画?」と思っていましたが、

リアルな描き方にだんだんはまってしまい、毎月楽しみにしていました。

ところが第四銀行さんはなぜか去年の10、11月合併号を最後に

レタスクラブを更新しなくなってしまいました。

しかしわざわざ「レタスクラブ買わないんですか?」などと聞くほどの

ことでもないので、その後のストーリーを気にしつつも、半分忘れていました。

そうしたら今月13日に単行本として発売されたと聞き、さっそく購入しました。

1,080円でした。

そしてストーリーはまさかの展開で驚きました。

 

作品の概要

どこにでもある普通の家庭の平凡な妻、翔子。
子どもにも健康にも恵まれ、何一つ不自由はないはずなのに…。
夫との距離が離れ行くばかりの毎日が、積み重なっていくのです。

雑誌レタスクラブで連載され、 多くの女性たちをざわつかせた問題作!

2018042301

 

 

 

東野圭吾から伊坂幸太郎へ

東野圭吾氏の著書を図書館で2冊借りて読み終えました。

「流星の絆」は読み始めてすぐに

「これ前に読んだことある」

と思いましたが、結末がどうなったかを覚えていなかったことと

面白かったことで。全部読み返しました。

 

内容:幼少時、両親を惨殺されるという過酷な運命を背負った三兄妹が詐欺を働きながら、時効が迫る14年後に真犯人を追い詰める復讐劇。

2018032702

2冊目は「変身」です。

内容:世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

2018032703

この辺で東野圭吾は休んで、伊坂幸太郎の本を借りることにしました。

伊坂氏の著書は、内容が明るくて好きです。

 

と言っても、今週末(年度末)に娘と双子の孫たちが引っ越してくるので、

これからは本を読んでいる時間がとれないかもしれません。

近々3人目の出産予定なので、本人は仕事を年度末で退職し、

孫たちも保育園を退園させて、しばらく実家暮らしです。

娘婿は転勤が無かったので、そのまま長岡市のアパートに住み、

週末にこちらへ通うという生活がしばらく続きます。

おそらく年単位になるのではないかと思われます。

忙しくなります。

 

 

 

祈りの幕が下りる時

2018031901

図書館で加賀恭一郎シリーズ第7、9、10弾(東野圭吾著)を借りて全て読み終えました。

どれも面白かったのですが、特に最後の「祈りの幕が下りる時」は感動しました。

今までのシリーズの完結編です。

これは映画化されていて、1月27日から地元のJ-MAXでも上映されているようです。

2018031902

先日久しぶりにJ-MAXで映画を観てきましたが、夫と二人で何を観るか迷った結果

「空海」にしました。

これが今一つわかり難い内容だったので、こっちにすれば良かったと後悔しました。

 

 

 

加賀恭一郎シリーズ~続き~

2018031501

加賀恭一郎シリーズを順番に読んでいます。

第4の事件「どちらかが彼女を殺した」はまだ順番待ちなので、飛ばして次の2冊

「私が彼を殺した」と「嘘をもうひとつだけ」を読み終えました。

「私が彼を殺した」は最後まで犯人がわからず、私には今一つでした。

今は「赤い指」「麒麟の翼」「祈りの幕が下りる時」を借りています。

 

主人公の加賀恭一郎がいいですね。

刑事としての手腕がすごいですが、人間としても惚れてしまいます。

 

 

 

加賀恭一郎シリーズ

東野圭吾氏の「加賀恭一郎シリーズ」は第3弾の「悪意」まで

図書館で借りて、読み終えました。

2018030701 2018030702

ネットで調べなくても、新参者についていた帯(腰巻)の裏側に

加賀恭一郎シリーズの順番が記載されていました。

第4弾の「どちらかが彼女を殺した」は今貸出中で、順番待ちです。

春になって忙しくなる前に全シリーズを読み終えたいです。

やっぱり東野圭吾は面白い!